神戸市教育委員会、神戸市中学校校長会の研修

一昨日、神戸市中学校校長会会長蔭山慎吾先生と神戸市盲・養護学校校長会会長高山雅光先生の連名で、10月1日(水)の神戸市中学校校長会でのLGBT人権研修会の講師依頼の文書を頂きました

校長会より頂きました講演の演題は、「性」と『生き方』の多様性です。

LGBTの基礎知識とセクシュアリティ・カウンセラー谷家優子さんが、実際に経験された兵庫県の事例から、LGBTの生徒と保護者の現状と課題を学びます。私は、男女雇用機会均等法から、LGBTの教職員の現状と課題、LGBTの親を持つ生徒さんの家族の多様性についてお話させて頂きます。

谷家さんの事例の中には、ゲイの生徒が、遺書にいじめられた生徒の実名を明記し自殺した最悪の事例が含まれています。学校、教育委員会によってもみ消された事例から、多くを学び、亡くなった生徒の尊い命に報いたいと思います。

このように教育現場におけるLGBTをめぐる生徒、保護者、教職員の現状と課題を、全市中学校校長85名の先生に、一同に会して学んで頂けることは、今後の神戸市の全中学校でのLGBT人権教育につなぐ大変大きな第一歩になります。

単なるLGBT研修ではなく、「生きる力」を育む教育について、語りたいと思っています。

当日は、NHKを始め、各メディアの取材が予定されており、神戸市教育委員会初の校長会でのLGBT研修が、広く報道される予定です。

11月には、神戸市小学校校長会で、同様の研修会を実施します。

9月13日(土)は、岡山定例会です

第10回定例会は、台風接近の中の集まりになりましたが、岡山からの参加も

あり、小人数ですが、無事開催できました。最近の話題など、皆で感想を語り

のんびりした会になりました。

次回の定例会は、

第11回定例会  9月13日(土) 午後2時から 場所 岡山市内

コパンの定例会は、HIV陽性者限定です。

ご参加のお申込み、お問い合わせは、メールにてお願いします。
その際は、匿名で結構です。

折り返し、陽性者であることの確認のため、いくつかの質問にお答え頂き、
確認できましたら、当日の詳しい情報をお知らせしています。

お申込み、お問い合わせは、

kopain_bk★yahoo.co.jp (★を@に変換して下さい)

まで、お願いします。