1年のご報告

  1. 皆さんにとって今年はどんな年だったでしょうか?

    私は、皆さんもご承知の通り、図らずも自民党本部政務調査会の中に新設された、性的指向・性自認に係わる特命委員会からアドバイザー職を拝命し、1年間その役務を勤めさせて頂きました。(私が自民党のアドバイザーとして初めてお受けしたインタビュー記事を、年明け早々にレッティビーの富田さんがネット配信して頂けることになっていますので、ぜひご一読下さい)
    古屋委員長はじめ役員の先生方には、大変真摯にLGBTの諸課題の解消に向けて議論を続けて頂き、私案であったLGBT理解促進法を、自民党の目指すべき方向性と位置付けて頂き、LGBT理解増進法案まで作成して頂くことができました。
    自民党は、差別禁止ではなく理解増進という、まさにLGBTの諸課題の解消に向け、わが国らしい方向性で進めて頂いていることに心から感謝申し上げます。
    政権党である自民党にこれほどのご理解を頂けたことは、私だけではなく多くのLGBT当事者にとって非常にありがたいことだと思います。
    この1年間、古屋委員長はじめ役員の先生方、政務調査会事務局の皆様と心通わせ、信頼関係が築けたことは、必ず来年以降につながると確信しております。
    来るべき新年は、まさに特命委員会の示した方向で、具体的に進めて行く大事な1年になると思います。
    どうかLGBTの当事者の皆さんもしっかりと高い関心を持って注目して頂きたいと思います。
    新年早々、永年の同志であるレインボープライド愛媛のエディさん、大先輩である熊本の今坂先生を世話人にした、全国LGBTネットワーク会議(以下、LGBT理解ネット)を立ち上げます。先ずは、しっかり設立主旨をご理解頂き、多くの皆様とともに一歩一歩進めて参ります。
    来年は、自民党が政府に要望した33項目が具体的に進展していきます。その中で、全国各地の警察、消防、刑務所という今までLGBTについて情報が行き届いていなかったところでも研修が行われることになるでしょう。
    LGBT理解ネットでは、これらの研修で講師を務めて頂ける方を募集させて頂きたいと考えています。詳細は、新年早々に立ち上がるHPをご覧頂くとして、多くの皆さんにご登録頂きたいと考えています。
    もちろん、研修の方向性は、差別禁止ではなく理解増進です。
    先ずは、200人程度の講師登録を目指そうと考えています。それを、各関係機関にご案内させて頂くことになります。今後、理解増進法が成立すれば、けた違いの研修の需要が見込まれますので、講師の育成は、喫緊の課題となります。
    理解増進ネットでは、自民党がまとめた方向性をもって、全国各地の多くの研修に講師派遣をさせて頂くことによって、知識の普及とともにLGBTに対する共感の輪を広げていきたいと思います。
    どうぞ皆様のご理解とご協力をお願いします。
    今年は、嬉しいことに多くの若いLGBTの活動家の皆さんと出会いました。このご縁を大事にさせて頂き、できる限り多くの皆さんとともに歩んで参りたいと考えていますので、何卒よろしくお願いします。
    それでは、よいお年をお迎えください。新年の皆様のご多幸とご活躍をお祈りしつつ、大晦日のご挨拶とさせて頂きます。
    1年間、本当にありがとうございました。皆様のご厚情に心から感謝申し上げます。
    繁内幸治 拝

コメントを残す